売上アップアドバイザー シーサー君

*

幽体離脱の時

   

毎年ゴールデンウィークになると思い出すのは、ちょっと古いんですが20年前のこの時期。
新規ドキュメント 468_1
僕は悩んでいました。出口の見えない袋小路に入って、追い込まれていた。
最悪でも40歳までにはサラリーマン生活から足を洗い独立したいとそれ以前からずーっと思っていた。
日々、生活にかまけている内に、その40歳がどんどん迫ってくる。独立のきっかけにと思って始めた中小企業診断士試験も3回連続で落ち続けて放っぽったまま数年が経つ。
かと言って他に独立のネタも思いつかない、どうしたら良いのか?
もう頭の中が答えのない想念で渦巻いて真っ黒になっていました。
連休中は、寝ても覚めてもそのことが頭を離れず、ずっと苦しくて、苦しくて、苦しくて、そうこうする内に連休も最終日になってしまいました。

気分転換にちょっとひとっ走り1時間位、アパートの周りをランニングしてきた。
ちょっとすっきりしました。
その時、何故か自分の姿が見えた。
そしてもう一人の自分が、僕に話し出したのです。
まるで幽体離脱のように。

自分は逃げている。格好つけて言い訳ばかりしている。
それは中小企業診断士試験のことでした。
釧路みたいな田舎にいて受かるわけがないという言い訳。
負け犬でしょ、このままじゃあ。

ここを突破しないと次のステップに進めないと自分でもうすうす分かっているのに、動き出せない自分。
落ちるのが怖くて試験さえ受けない自分。
何という卑怯者。情けない格好つけ。

恥をかいても、何度落ちたって、次に進むには、やるしかない。
受かるまで一生でも良いから受け続けよう。
そして必ず受かるように行動しよう。
受かるために逆算して、やることを全てやろう。

そんなことをはっきり思ったのを何年経っても覚えています。
それからは迷うことはなく、目標を達成するまで1年半の間、全ての生活をこの目標のために徹底的に変えました。
睡眠時間を削り、毎日早朝に学習、勤務中も暗記カードを暇さえあれば復唱していました。無駄な接待は極力控え、飲み会も殆ど断りました。

達成困難な目標を立てて、それをクリアしたのは40歳にして自分の人生で初めてのことでした。
多分、僕はそれまで流され続けて生きてきたのだと思います。

自分がダメだな~と思う時には、あの連休最後の日のあの時をことを思い出すようにしています。
人生誰も助けてくれない。
自分を助けるのは自分から逃げない心、自分の道は自分で切り開く精神と行動しかないのだと思います。

連休中に思う、自らに言い聞かせて、ちょっと長くなった(笑)。

【お知らせ】
**************************************
5月24日(火)スタート5日間【第3期 販促の達人養成塾】のご案内景気に左右されないホンモノの自力集客力が必ずつく5日間のワークショップです。限定6名様、お早めに。
新規ドキュメント 309_1 (1)
詳細とお申込みはこちら

**************************************
【反転スタート経営診断】のご案内新年度を迎え、ビジネスモデル、収益構造の見直しのために経営診断メニューを新たに加えました。まずは現状認識からスタートを。
新規ドキュメント 458_1
詳細とお申込みはこちら

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

PAGE TOP