売上アップアドバイザー シーサー君

*

遥かクナシリに白夜は明ける

      2016/04/13

昨日は快晴の釧路を出発、一路知床半島の東側の先端のまち羅臼(ラウス)に行ってきました。到着する1時間ほど前に先方から電話がかかってきて猛吹雪ですから危なそうだったら引き返して下さいの連絡。「え、こんなに晴れているのに?」
羅臼に近づくと、先方の言葉通り急に道路もアイスバーンで猛烈な吹雪、前が全く見えないホワイトアウトってやつです。もう止まるくらいの速度でドキドキしながらやっと現地に到着しました。こんな風に羅臼って北海道の中でも気候も全然違えば、風土、自然も全て違う、世界自然遺産になる位ですからトド、ヒグマ、オオワシなどの生き物の棲家であり、かつ羅臼昆布やスケソウ、ホッケ、キンキなど豊かな漁業の町でもあるのです。ドラマ北の国からの舞台にもなりましたが独特のある種神秘的な空気感を持った町です。

実は絵にも書いたように羅臼は今はロシアが実効支配する北方領土の国後(クナシリ)島が目と鼻の先にあります。というか肉眼で間近に見える。北方四島は第二次世界大戦までは日本の領土で日本人が住んでいましたが、終戦間際に当時のソ連が侵攻してきてその後現在までソ連崩壊後のロシアが占有を続けています。国後島は沖縄本島より一回り大きい面積ですし、お隣の択捉(エトロフ)島に至っては東京都の面積の1.5倍、豊富な漁場を抱えた漁業権や火山が多く温泉も豊富にあり手続かずの自然観光資源などを考えると日本に帰属された場合、竹島や尖閣などお話にならない現実的な経済効果を生むのです。
日本政府は戦後ずっと四島一括返還の立場でソ連、ロシアと領土交渉を続けてきましたが、さっぱり交渉は進展しなかった。今、森善朗元総理を特使としてロシアに派遣して相手の腹をさぐろうとしている。森氏は国後島、色丹島、歯舞群島の三島返還論を現実的妥協点として持ち出しています。

以前は国民の関心も薄れちょっと風化した感もあった北方領土問題ですが、ここに来て大きく動く可能性が出てきたと思います。というのうはロシアはアジア新興国の経済成長から乗り遅れ中々有力な産業が育たず、鉱物資源で外貨を稼ぐ政策に頼らざるを得ない。サハリンなどのLNG開発を盛んに進めて日本が最大のマーケットと考えていた。ところがここに来てアメリカのシェールガス革命で安いLNGや原油をアメリカが輸出するという構図に一気に変わりつつある。日本としたらエネルギーの買い手としてロシアに対して強気で出る事ができる。当然領土交渉に大きな影響を与えるという事です。

歴史に翻弄されてきた国境の町羅臼、今後どんな運命が待っているのでしょうか。領土の線引きなんて本当にどうなるか分からない、過去に起こった事はまた起こる。是非、この問題、注視して見ていて下さい。

「そうかもね・・・・」という方は ↓ ↓
↓↓ クリックよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

音声入力にハマる

iPhoneに変えて1ヵ月が経とうとしてます。その中で最近ハマっているのが音声入 …

気付いたらびっくりポンや

経営コンサルタントという仕事のキャリアが15年にもなります。 その仕事の中で起業 …

販促の主役はSNS

昨日の記事「販促は忍者屋敷だ」を書いていて、ここは重要だぞ、もうちょっと掘り下げ …

偽りのNONを言ったばっかりに・・

またまた、ブレキジット(Brexit)のお話を。 この2、3日の相変わらずこの情 …

毎日がコンテンツづくり

やっと明日の財務セミナーの仕込みが終わりました。結構なボリュームなので2時間で話 …

コメントって大事よ

今日はSNSとブログをテーマとしたセミナーでした。 フェイスブックはリアル社会の …

もう一つの定点観測

昨日のブログで沖縄ナイトが定点観測になっていて、地域の経済の雰囲気が何となく分か …

変わらなければならないのはあなた

全ての経営組織は人で成り立っています。昨日のブログで、情報の発信量が売上を左右す …

言っちゃいました

昨日は野田総理が「16日(明後日)衆議院を解散します」と党首討論の中で言っちゃい …

宝くじ、買わなきゃ絶対当たらない

昨日書いた「ザ・町工場」の諏訪貴子さんの話は人づくりの話だけでなく中小企業経営に …

PAGE TOP