売上アップアドバイザー シーサー君

*

万華鏡のようであり

      2016/04/13

地域ブランド化を成功させた事例として小樽と富良野を見たのですが、それじゃあわが街釧路はどうなんだとなるわけです。
釧路の事を他所の人に語るときに僕たち釧路人は「摩周湖、阿寒湖、釧路湿原など2つの国立公園があって温泉王国、天然記念物の丹頂鶴が生息して、アイヌ文化の中心地阿寒湖のまりもは世界自然遺産の登録を狙っています。さらに釧路市内は炉辺と世界三大夕日が有名で、夏は避暑地として全国の注目を浴びています、それから、あれとこれもあって、云々・・え~それから・・・」
こんな感じで、あるものを羅列したがります。実はこれが墓穴を掘っているんじゃないかと僕は思い始めています。敗因はなんでもありすぎる事。沢山ありすぎるのでついつい箇条書きであれもある、これもあるってやっちゃう事じゃないかと思います。結果何も伝わらない。
実際に他所から来た人を案内する場合にも、有名な観光地をあっちこっちと連れて行って終わり。ただ見るだけじゃあ絵葉書と同じでつまらないという声も聞こえてきます。

こういった従来の観光絵葉書的な見方を一旦捨て去って一切の先入観なしでこの地域を見ると、海岸線の街も平原の続く酪農地帯の村も火山や湖沼が連なる山岳地帯の街もそれぞれがあまりにも個性的で異質であり日本的風土とかけ離れて美しく異国的であり、そこに住む人たちと相まって独特の空気感を放っている。
信じられない位、釧路というエリアには多彩で強烈なモノが詰まっているです。

小樽と富良野の両都市に学ぶ事はその都市や土地が本来持っている魅力、情緒、これを空気感と呼ぶとしてそれを上手に切り取って表現し、メディアを使って繰り返し伝えた事だと昨日のブログで書きました。両都市ともわりと単一の空気感で切り取りやすいというのはあると思います。一方の釧路は多彩であるならそれはそれで良い。既にある素晴らしいものを切り取って表現して世の中の人に伝える。多彩なもの一つ一つの空気感を丁寧に掘り下げて伝えていく。それらが重なりあって万華鏡のような世界を表現できるかもしれません。
空気感を切り取る方法は必ずしもドラマだけではないと思います。実はその空気感は地元で生まれ育った人間よりも外から入ってきた人間の方が圧倒的に良く見える。僕もよそ者として小樽の独特の情緒や住む人の温かさと魅力、空気感を最初から強く感じていました。

よそ者と田舎者で知恵を出し合って、釧路の空気感をつかんで磨いて表現する丁寧な作業が第一歩かなと思います。

「そうかもね・・・・」と思ったら ↓ ↓
↓↓ クリックよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - まちづくり, シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

言い訳してんじゃねぇ!

昨日のブログで買って読まない本がどんどん貯まるつん読の山を何とか攻略しないとと書 …

化石博物館

ソーシャルメディアをどう商売に生かすかという話題を僕のブログでもよく取り上げるの …

POPは売上アップの原点

先日の松野恵介さんの講演の中でPOPの重要性をさかんに強調されていました。日頃、 …

結果オーライ、それで良し

年が明けて早3ヶ月が経とうとしています。毎日余裕もなく過ごす中で必ず励行している …

意識しないと伝わらない

今日は建設関連会社の会議。次年度の経営戦略が議題です。 色々話していくうちで資格 …

ズルしないで教えて

今日は政治ネタを一発。 いよいよ消費税法案が審議入りしましたね。 野田総理は不退 …

自由さが全て~真冬の沖縄ナイトin釧路

2月19日の日曜日に、年に一度の「真冬の沖縄ナイトin釧路」を無事終えることが出 …

企業生存の条件

明後日から2日続けて釧路商工会議所の創業スクールでセミナーのお仕事を戴き仕込み中 …

どちらからいらしたのですか?

昨日は「釧路の地域資源の可能性」をテーマとしたパネルディスカッションのパネラーの …

出来る事から始めるだけ

昨日の日経新聞の1面に被災者支援の金融対策が掲載されていました。 被災した中小企 …

PAGE TOP