売上アップアドバイザー シーサー君

*

歴史的ネーミング

      2016/04/30

日本文学の中の小説らしい小説を読んだのは小学校6年生の時。

日本文学こども文庫かなんかを母親が買ってくれて「路傍の石」「走れメロス」「伊豆の踊子」などを少しずつ読み始めました。

全集のタイトルをざっと眺めていて、子供心に「面白そう」と目をひいたのが夏目漱石の「坊ちゃん」「吾輩は猫である」でした。

いかもにユーモア溢れる内容が連想され、読む前からわくわくする感じでした。

「吾輩は猫である」は日本のネーミング史上でも傑作だと思うのですが、当初夏目漱石は「猫伝」というタイトルを考えていたそうで、もし「猫伝」のまま出版されていたら、日本文学史に残る傑作として位置づけられたかどうか定かではありません。

ネーミングは「伝える」マーケティング技術でも最重要事項です。商品のネーミングって楽しんでやらないとだめですね。

昭和冷凍プラント㈱若山社長ん家のモンタ君

「犬伝」じゃあ読む気がしないかも・・・。

デザインアプリ久保さん家のボブ

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 経営

  関連記事

口コミを分析すると

「あの店の味噌ラーメンは最高に美味いよ」とか、「釧路管内で一番うまいソバはS町の …

地方へ行けば行くほどSNSは大事よ

先週末から札幌行ったり、エクスマ塾のサポート等、ずっと仕事や行事で昼も夜も塞がっ …

やばい記事見つけた

昨日の日経新聞にさらっと書いていたけど、おっ、これは重要!という記事を見つけまし …

シアワセの種まき

先日、古くからのお客さんとお話していて、乗山さんとお付き合いする最初のきっかけは …

スケルトンな自分を見つめて

業績不振で事業の今後について相談したい、という依頼を受けることがあります。 そう …

景気のバロメーター

昨晩はサントリー会でジャズの演奏でした。 こういう演奏はギャラをもらって場の雰囲 …

本当は怖い財務の話

先日、地元企業各社から集まった経営幹部向けの財務セミナーをやって最後に課題レポー …

どうせアホなら踊らにゃ損々

昨晩は中小企業家同友会釧路支部の年に1度のビアパーティでした。 年々新しい参加者 …

お久しぶり

3日ぶりのブログへの復帰です。 毎日更新を旨としていたのですが久々にとぎれてしま …

良い人だけど何屋さん?

最近、このコラムでUSPをテーマに記事を何本か書きました。 USP(Unique …

PAGE TOP