売上アップアドバイザー シーサー君

*

今、武四郎を知れ

      2016/04/28

昨日2月26日、松阪市の松浦武四郎記念館前広場で北海道の名付け親「武四郎まつり」が開かれ、我々中小企業家同友会釧路支部有志で参加してきました。

白糠のレストランはまなすの谷口シェフが味付けして「武四郎汁」(タラバガニの鉄砲汁)を振る舞い、寒風でとても寒い日曜日でしたが、用意した200食があっという間に売り切れました。

松浦武四郎は幕末から明治にかけて計6回北海道に渡り内陸までくまなく歩きました。最初の3回は自由なる探検家として、後半の3回は幕府の役人として当時ロシアが北海道周辺の領土的野心を示しており、国防のための貴重な資料を残したのです。

当時の北海道の土地、地名、アイヌの人たちの生活を地図や絵で記録した。北海道の歴史を語り知る上で歴史上もっとも重要な人物。アイヌ民族にとっても幕府や明治政府の民族同化政策により失われた過去を知り取り戻すうえで極めて重要な記録なのです。

地元の小学生が松浦武四郎の北海道での行動を寸劇で演じました。

メインステージでは全国に散らばるアイヌ民族の若者で構成されたチームニカオプがアイヌ古来の舞踏に合わせ音楽を奏でます。

北海道の太古の森で祝いや祭りあるいは日常的に奏でていたであろう踊りと音楽。それは神秘的で見事なものでした。
同化政策による文化的破壊の中で細々と伝えられてきたものが、やっと今になって少しずつ復活して花開いてきたことは奇跡的な事でもあり大変素晴らしい事ではないかと思います。

この祭りに参加して思ったのは、我々北海道人は自分たちの歴史に極めて無頓着あり無知であるという事。
歴史は教科書で習うことだけで全てではない。
明治開拓前、北海道と武四郎が名づける前のかの地で何が起こってきたのか。
領土問題を考える上で、ロシアがどんな背景で北方領土の事を言ってきているのか。
歴史上タブー視されてきた部分を取り剥いで、何が歴史上起きてきたのか、正確に知る必要がある。
そうしないと未来の選択を間違うことになる。
現代の日本人にとって、北海道人にとって武四郎を知る重要性が極めて増しているのです。
毎年国会議員が北方領土視察と称してズレた事を言って地元で物議を読んでいます。
コロコロ変わる外部大臣も必ず視察に来るけど誰一人再訪した大臣は居ない。
武四郎を一番勉強しなければならないのはこういう議員さんや腰の落ち着かない外務省の役人たちかもしれません。
まあ役人や政府批判する気もないけど
北海道人よ、自分の育ってきた北海道の歴史知らないだろう。
三重県の人の方が知っているっておかしくないか?

↓↓ 応援のクリックもよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
Avatar photo
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - その他, シーサー君ブログ, 最新NEWS

  関連記事

ネーミングは売り手買い手双方にかける魔法

昨日の集客道場では、1対1でペアになって相手のセールスポイントを一言のキャッチフ …

スクラム組んで一歩ずつ

「釧路の未来を考える会」では移植医療をスムーズに進めて行くための活動を進めていま …

今日は誕生日です

今日は僕の誕生日です。 え!本当は10月21日のてんびん座だろう!って? 実は4 …

継続が大事

昨晩はバークリスティーズで新年ライブと店主木村クリスティーの誕生祝いでした。 ク …

気付いたらびっくりポンや

経営コンサルタントという仕事のキャリアが15年にもなります。 その仕事の中で起業 …

全員が幸せにはなれない

この10年をみていても、景気が悪くなると、経済が悪いのは国のせいだとか行政が悪い …

造語のススメ

昨日は自社の商品のネーミングや名刺に書くワンフレーズをつくる時に、異分野や元々関 …

最後にもうひと手間

昨日、いつもブログを見てくれている方から、「毎日、あの絵を見るのが楽しくてね」と …

世の中全てコール・アンド・レスポンス

昨日、札幌でセミナーをご一緒したメディアコンサルタントの荒川岳志さんがニューズレ …

鬼の居ぬ間に

昨晩のオリンピック女子サッカーなでしこジャパン、凄かったですね~。 極限の中でも …

PAGE TOP