売上アップアドバイザー シーサー君

*

たまごろう君が行く

      2016/04/28

フェイスブックを日々見ていると思わぬ発見があります。

一昨日、フェイスブック仲間の福ちゃんが投稿した写真「たまごろうくんのギフトボックス」です。
忘年会で景品でたまごのセットが当たった喜びで思わず投稿したようです。
福ちゃんのコメント「よくビールパーティーなどのイベントでタマゴが抽選会の景品でありますが、きのう初めて自分もタマゴをGETしました!これで年内はタマゴに困ることはないでしょう。ちなみに30個入ってました!」
これに対して寄せられたコメント、
「たまごろうくんって、いいですね!」
「酔っぱらった大人が10人ぐらい「たまごろうくん」を抱えて帰る姿もなかなか良かったですよ!」
「わは。それ、ほのぼのしますねー 割れずに持ち帰れたらアルコール度OKってことで」
こんな感じで“たまごろう君”のとぼけて可愛いキャラクターと酔っ払いの姿の対比がユーモラスに口コミされている訳です。
< ↓ ↓ 画像クリックすると大きくなります ↓ ↓ >

僕としてはこの投稿に「これだよ!」と興奮を覚えました。“家政婦のミタ”ならぬ“シーサー君は見た”マーケティングの真実を!と一人興奮していました。
というのは、この「たまごろうくん」のキャラクターを使った販促について、卵の販売元の道東鶏卵の梅宮社長が「思い切ってキャラクター造ってパッケージに採用するんです」と半年位前に熱く語ってくれていたのです。
その仕掛けがこんな形でお客さんに大きな反応を起こしている。口コミって中々現場にお目にかかれないけど、フェイスブックでこんな形に目の当たりにすると、効果の上がる販促事例という事に加え、その効果を自然の形で見せてくれるフェイスブックの威力という意味で二重にびっくりしちゃうわけです。
それと“伝わるキャクター”は一人歩きするという事もこの事例は教えてくれます。卵ってどちらかというとコモデティ(均質化されていて差別化できにくい商品)ですがその壁を「たまごろうくん」は打ち破っているわけです。
“楽しい”とか“可愛い”とか言われながら巷をひょこひょこ歩きながらスーパーセールスマンを勝手にやっちゃってくれているわけですね。
たまごろう君 ヨッ、働き者の孝行息子!

↓↓ 応援のクリックもよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

販促どころじゃない?

北海道は夏が短く冬が長い、そのため多くの業種が夏場は猫の手も借りたいほど忙しいけ …

北見名物

北見の名物は? 最近では「北見塩焼きそば」ってのがセブンイレブンでも売っていてお …

いつも見切り発車で良い

紙の販促でもSNS販促でもアドバイスをすると「色々と勉強をして準備してから始めた …

デンサー節に聞き惚れて

釧路の三線人口って結構多い カフェHOBOで釧路の三線やっている唄者が集まって唄 …

良い体験は人に話したくなる

最近、肩こりがひどいのと肩の付け根が痛いのでカイロプラクティックに行ってみました …

北の都 旭川へ

昨日から旭川で中小企業診断士の1年に1回の理論更新研修。 今年は講師を引き受けま …

何もやっていないあなたは有望です

テレフォン人生相談ってラジオの長寿番組をご存じですか?地方に車で出る事が多いので …

その場で理解できないものは家に帰っても理解できない

今週、釧路の未来を考える会の例会で昨今話題の学力低下問題の話が出ました。僕が住む …

忘却との戦い

今日はこれ以上ないって位の青空の下 イカ漁船がMOOの前にたくさん入っていました …

人はイメージ通り行動する

先日のリブラスの櫻井社長の講演の中で、ブログ記事で書いた365歩のマーチの話の他 …

PAGE TOP