売上アップアドバイザー シーサー君

*

ガラガラなのに売上が上がる?

      2016/04/28

出掛けに朝のワイドショーで全国チェーンの子供服「西松屋」の特集に目が止まりました。
というのは、いつ行っても客が少なく空いているのに15年来増収を重ね店舗をいまだにふやし続けていると言うのです。確かに釧路市にもちゃんと2店ありますね。
「ガラガラなのに売上が上がる?一体どうなってるんだろう・・・」と普通思いますよね。
で番組は西松屋のビジネスモデルを説明して行きます。
まず陳列は全品ハンガーにかけて見易いようになっている。棚の前には取り棒が置いてあり、お客さんが自分で棒を使って高い所にある服を取るようにしている。ハンガーをかけている棚は前に傾斜がついていて一点売れると自動的に前にハンガーが下りてくる。店員は各店常時2名しかおかないローコスト経営。
店舗のレイアウトは全国の全ての店で決まっているため出店のコストが小さい。本社に各店は展示の写真を送り本社でチェックし改善を指示する。
ここまでは徹底的に店舗を標準化しローコスト経営を追求している内容で、今時それほど驚くことでもないですね。

アパレル部門の顧客満足度ナンバー1を続けている。お客さんの声で圧倒的に多いのが通路が広いのでお母さんが買物をしている間に子供が走り回ってもゆったり商品を選ぶ事ができるというもの。
実はここがミソなんですが、お店が繁昌して混雑が一定の基準を超えた時点で、混雑を緩和するために同じ商圏内に全く同じ店舗をもう一店出店する。高知県では同じ商圏内に3店も出しているとの事。
つまり西松屋は売上不振で暇で空いているのではなく、お客さんがゆったり買物を出来るようにあえて空かしているのです。
同商圏内での出店費用は前述したように標準化により安く抑えているため出しやすくしている。
凄い事考える人が居るもんだねぇ、と思いました。
大手の戦略なんでしょうけど、敵さんの良いところも知った上でやらないとね。
と思いあえて書きました。

↓↓ 応援のクリックもよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

カーネーション

朝の連ドラを毎日見ているのですが、今の「カーネーション」、婦人服の小篠三姉妹の母 …

出来る事から始めるだけ

昨日の日経新聞の1面に被災者支援の金融対策が掲載されていました。 被災した中小企 …

広い空の下、広い海へ出てみよう

昨日、フェイスブックのタイムラインで思わずシェアしてしまった記事がありました。さ …

本丸ダメなら落城近し

先日、お昼時に急いでいたので目的地近くの飲食店に入りました。以前に一回行ったこと …

夢を実現するために

今日は創業のご相談が2件。 これまで自分でご商売の経験が無い方がほとんどですから …

学んだ後の学びに学ぶ

昨日、一昨日としこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌に泊まり込んでエクスマ塾65期の合宿 …

行く理由は強烈なこれ!

一昨日、札幌から来てくれたセミナーの講師の方と釧路市にある玉川庵というそば屋さん …

判断の基準は誰に読んでもらいたいのか?

先日、道端で受けた質問がありました。何故道端かというと遅い昼食をとりにショッピン …

財務もアップデート

中小企業の経営幹部対象に財務の講義をしました。細かな経理の知識ではなく、経営者視 …

見上げてごらん夜の星を

昨日は夫婦でデート、というほどでもないんですが、ご近所のこども遊学館でバレンタイ …

PAGE TOP