売上アップアドバイザー シーサー君

*

カーネーション

      2016/04/28

朝の連ドラを毎日見ているのですが、今の「カーネーション」、婦人服の小篠三姉妹の母がモデルになっているだけあって面白い。というより色んな商売のエッセンスが詰まっていて、なるほど、納得、納得と勉強になる事が多い。
昭和初期ですからまだマーケティングなんて言葉が無い時代ですが商売の原点というか今に通じる多くの金言がそこかしこに登場します。

今朝は父の呉服屋商売がさっぱり客が来なくなり、洋裁の商売を始めた長女でヒロインの糸子のところに客が来始めた場面でした。

まず冒頭で父が呉服屋の看板を上げながら「びわの葉温灸」という治療を始めたのですがさっぱり客が来ない。「何屋だがわからん商売にお客は来んわけで・・・」とナレーション。・・・・本業が儲からんからといって付け焼刃で金になりそうな商売をやっても客は来ないという事でしょう。
次に印刷屋に就職した次女が洋裁の商売を広めるためにチラシを刷る事を姉に勧め、思い切ってチラシをつくってみました。

隣の髪結いさんでチラシを置いていたのを料亭のお上さんが家に持ち帰り、「呉服屋のお嬢ちゃん、洋裁始めたんやて」と家族や出入りの芸子さんに口コミで宣伝します。それをきいた芸子さんが「私行ってみよう」とチラシを持って糸子の店に来店します。・・・・チラシや口コミなんて全く現代と変わらない最重要なメディアですよね。

糸子は芸子さんに洋装雑誌を見せながら服を選んでもらいます。その中で本当は丸いフリルのついた可愛い服を選びたいのだが「去年心斎橋でこのタイプの服買ったら服は可愛いのに私が着ると不細工に見えた」と嘆きます。ピンと来た糸子は「それはあなた不細工なのではなく、生地が顔の色に合っていなく、丈も体系に合わないため足が短く見えるのや」

「生地の色を顔色に合わせ、丈をちゃんと合わせれば必ず素敵に見える」とアドバイスするのです。・・・・・これなんてコンサルティング・セールスですね。
あと、生地屋に行くと、本人に来てもらわないと顔色とあわせられないと店主に問いかけると色見本が出てきたり、商売の草創期の原点を見ているようで、商売の核になる大事な部分は時代を超えて変わらないと思ったり。
朝の楽しみが一つ増えました。

↓↓ 応援のクリックもよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

商人マインドとして

昨日はリアルでもネットでも顔出しがとにかく大事ということを書きました。 特にリア …

自分目線を一旦はずす

昨日書いた「ザ・町工場」の諏訪貴子さんの話でもう一つ凄いな~と思ったこと。 何で …

体験に勝るもの無し

今年は随分色々な土地に出かけた移動の多い年でした。北からいうと北海道内は別にして …

経営のつぼ

2ヶ月に1回位の間隔で地元紙の釧路新聞に経営に関するコラムを 書いています。 < …

小さな一歩が未来への偉大なる飛躍である

昨晩は札幌の中小企業家同友会北地区会の例会で「売上増大の仕組みづくり」と題して講 …

取るべきビジネスモデルが完全に変わってしまったのに

北海道新聞の夕刊(2/29)で、先日の釧路市新橋大通商店街振興組合のセミナーの様 …

散ればこそ咲く

今日は土曜日、ちょっといつもと違うテーマです。 最近、葬儀に出ることがやたら多い …

惜しかったもう1回

統一地方選挙の余韻さめやらぬうちに選挙ネタでもう一話引っ張ります(笑)。 今回の …

自撮りの時代

昨日の記事でSNSで顔出しは当たり前といった内容について書きました。 SNSをビ …

良い体験は人に話したくなる

最近、肩こりがひどいのと肩の付け根が痛いのでカイロプラクティックに行ってみました …

PAGE TOP