売上アップアドバイザー シーサー君

*

増田誠展~パリの雑踏

      2016/04/28

今月から釧路市で画家の増田誠展が開催されています。

< 画像をクリックすると大きくなります↓ ↓ >

増田誠は山梨県に生まれ太平洋戦争中に日本軍の北方警備に配属されたのが縁で

戦後、釧路に住み着き看板店で生計を立てながら画を描いていました。

釧路の財界でも支援者が多く、三ッ輪運輸や大栄産業などが画を積極的に買い取

っていました。

釧路の支援者の力を借りて昭和32年にパリに移り住み創作活動を本格化させ

世界的な画家になっていったようです。

パリを中心に活動し日本への里帰りして個展を度々開き、丸三鶴屋デパートでも

個展を開いたこともあったそうです。平成元年に北海道で個展を開いた後、その年の

4月に急逝しました。

今回の展示は釧路市立美術館、北海道立芸術館の同時開催に加え、銀行、ホテル

民間会社、個人宅など14の会場で開催され、釧路の市街地が増田誠の展示で

埋められる大変素晴らしいイベントです。

早速、手始めに市立美術館に行ってみました。

69点が展示され、油彩キャンバス画から水彩、年賀状等の展示の他、増田誠

の映像を見ることができました。

増田誠の画は人物画に特長があります。若者はでてこなくどちらかというと

中年以上、多くの人が集うカフェ、踊り場、街角などが舞台。

そこに集い会話をする人たちの声が聞こえてきそうな画です。

増田誠はパリの街角を愛したに違いありません。

僕は4年前にパリに一度だけ行ったことがあります。パリはフランスの中でも

全く違う街でした。大都市ですけど古さと新しさが交じり合った街。

雑踏の中で行き交う人、カフェで休みお茶やワインを飲み会話をしたり、新聞を

読む人。画家も居れば乞食も居る。大道芸人が芸をそこかしこで披露する。

パリはパリなのです。他のどの街にも真似できない。歴史そのもの。

増田誠の描いたパリは僕がちょっとの時間だけ滞在して感じた強烈な街の雑踏と

その中の人間がそのまま感じられるものでした。

画をみた後、ジュリエット・グレコが聞きたくなりCDを引っ張り出しました。

やっぱりパリの雑踏には哀愁を帯びたメロディが似合う。

この素晴らしい増田誠展、一日では見切れないのがいいですね。

出張から帰ったら別な会場をまた見に行くのが楽しみです。

↓↓ 応援のクリックもよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - その他, シーサー君ブログ, 最新NEWS, 本・演劇

  関連記事

女の一生

一昨日の朝方、102歳の叔母が老衰で亡くなったと兄より連絡があり、急遽葬儀となり …

変人オリンピック開催中

一昨日の日本一のサッカー馬鹿、美容師であり、マーケティングコンサルタントでもある …

木を見て森を見ず

昨晩のNHKの番組で何故最近の若者は海外に行かないのかというテーマで東大の就活生 …

様々な工夫が

この10年で大きく普及したものの一つがポイントカード。 サイフの中はポイントカー …

キープ・オン・クレイジー2

前夜祭に引き続き、劇団どくんごの本講演でした。 道東管隊の連中からはよく分からな …

セミナー友は足ながおじさん

2日間続けて足ながおじさんの話をしました。 今日初めて読む人は、いきなり足ながお …

複数メディア発信のススメ

メルマガを再開して2回目を発行しました。「メルマガ面白いね、楽しみにしているよ」 …

イチャリバチョーデー(出会ったら兄弟)

昨日、開業者はSNSやブログをやるべきだと書きました。 これはもちろん、開業者に …

名刺交換を活用できる人、できない人

昨日は9、一昨日は15、さらにその前日は27、何の数字だと思いますか?って分かる …

ブログを続けるもう一つの理由

今週の土日は普段とはちょっと別のことに時間を使いました。日曜日の今日は朝から鶴居 …

PAGE TOP