売上アップアドバイザー シーサー君

*

聴覚に多大に影響を与えたアルバムのカバー_2枚目

   

昨日は中学1年生で自分で買った初アルバムでしたが、今日は高校1年にして買った初ジャズアルバム。
何で高校生になるとジャズになるのか今思うと良く分からないのですが、とにかく高校に入って、今は廃刊となった月刊誌スイングジャーナルを買い、色々とジャズの情報を集め始めた。
と言いながらロックとフォーク、さらにインドのラビ・シャンカールのレコードなんかも節操なく聞いていた。
さらに中学3年で買ったフォークギターに加え、級友から借りたエレキギターを家のステレオのマイクジャックに突っ込んでグィーンと出鱈目の演奏を始めたりしていたな。

なんたってジャズ喫茶ジスイズがバリバリの全盛期というか、もう店内入ったら黙ってジャス聴け!しゃべるな!って感じの迫力で、難しい顔をして、大音量のジャズを分かったような顔をして聴くというのが当時の流儀。

そんな中で初めて買ったLPが秋吉敏子の若い頃にアメリカで録音したアルバム「ザ・トシコ・トリオ」。
秋吉敏子は日本のジャズ界ではナベサダより少し先輩で若くしてアメリカに渡り、その後、世界的に大成功した。丁度このアルバムが出たころは夫のルータバキンとのビックバンドで日本に凱旋公演をしていた。
それを記念して、渡米して間もなかった1957年頃、向こうのジャズメンと録音したデビュー盤が日本で発売された。

確かスイングジャーナルのゴールドディスクに認定されていたので、そんなにジャズの知識もない自分がそれを手がかりに買ったんだと思う。
ジャズのスタンダード曲に混じって、蘇州夜曲のメロディが好きだった。
ジャズって何でもありなんだと分かった。

秋吉敏子が、戦後の混乱を潜り抜け、少し落ち着いてアメリカに渡り、現地ミュージシャンとの溌剌としたピアノトリオの演奏。
昭和女の力強さ、ハンパないわぁ。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - その他, シーサー君ブログ, 最新NEWS, 音楽

  関連記事

走っても痩せない、は本当か?

今朝も走りましたが、ちょっと遠い釧路町の八幡神社まで殆ど直線を走ったら中々着かな …

生き残る組織のたった一つの条件

コンサルティングの世界で最も有名で誰もが今でも使っている現状分析ツールとしてSW …

世の中けしからん?

世の中の人は何故自分の素晴らしさに気付かないのだろう?そんな風に思ったことはあり …

販促は狙い撃て!

昨日の記事の続きです。基本的に販促活動は商品が売れるように「人」に商品の「良さ」 …

合格は劣化の始まり

先週末、年に1回義務付けられている中小企業診断士の資格更新研修を札幌で受けてきま …

あなたの周りのインスタ映えは?

今朝のNHKのニュース番組でインスタグラムで街おこしの特集をやっていたりして、こ …

たかが毎日、されど毎日

ホントに便利な時代になったものだとつくづく思います。 今やっている集客道場の塾生 …

読まない勇気

今朝、自分の机に積まれた本を見て気付いた。 雑誌1冊、ビジネス本3冊、小説1冊  …

「こまめな人はモテる」の法則

SNS社会になって大きく変わったのは、個人の情報発信が飛躍的にやり易くなった点で …

時には別の視点を

ず~っとこの頃考えていたのが、新聞やテレビの記事って本当に信用できるものなのだろ …

PAGE TOP