売上アップアドバイザー シーサー君

*

飽和化の罠

   

地域の中小企業、特に地域の固定された商圏内で行う小売・サービス業は人口の減少がイコール売上の減少となる、同じことをしては食えなくなる基本構造の中に置かれているという話を前回書きました。

ですから、売上が前年より下がるというのは不思議な現象でもなんでもなく、放っておくと下がる力学が確実に働いているから下がるのです。かと言って放置していては必ず食えなくなるので、別な生き方を探さなければならない。さっくり言うと(1)同じ商圏の同じ商売の中でシェアを奪うか、(2)別な商圏にエサを探しに行くか、(3)別な商売をするか、だと思いますし、(1)、(2)、(3)のミックスでやるか、いずれにしても今と立ち位置を変えていかないと厳しい。

売上が下がったという店に久々に行って気付いたことがあります。
それは何かというと「以前と何も変わっていない」ことです。
メニューも、味も、設備も、配置も、何も変わっていない。
変わらない良さってのもあるのかもしれないけど、それよりも感じたのか「飽きられた」のではないかということ。

人間って我儘なもので、変わらないでいて欲しいと思う反面、常に新しい刺激を求める気持ちも持っている。
心理学の用語でこれを「飽和化」というそうです。
いくら美味しい料理でも、初めて食べた時には感激しても、繰り返し出されると、そうでもなくなってくる。
いくら美味しい酒でも、杯を重ねると、味がマヒしてくる。

「飽和化」を放置していては、それこそ今の顧客が同じ商圏の外部に流出し(1)他社にシェアを奪われることになるだけです。
この「飽和化の罠」から脱するためには、変わらない本質的部分は残すにしても、メニューのつくりやPOPを変えるとか、新メニューを開発するとか、フレッシュ感を常に演出することだと思います。

「もう飽きたぜ、サヨナラ」なんて言葉を残すこともなく、お客さんはひっそり去っていく。
脱、飽和化。
ちょっと考えてみては如何、

The following two tabs change content below.
Avatar photo
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

毎日がコンテンツづくり

やっと明日の財務セミナーの仕込みが終わりました。結構なボリュームなので2時間で話 …

新年ライブ初め

今日はこれから今年最初のバンドのライブです。 フィリピン出身のボーカルママさんに …

0→1ビジネスモデル見直し

自社のターゲットは万人ではなく、自社を支持しれくれるお客さんは極めて限られている …

何事もメリハリが大事

7、8年前にプロ野球OBで剛腕でならした方の講演を聞いたことがあります。色んなエ …

仕事だけでは行き詰る、遊びが全てを救う

昨日はカラオケ大会について、遊びが人生に取っては絶対必要と書きました。 はたから …

ルルルル・・・ルルララ~♪

昨晩は高校の同級生で飲み会、道職員の転勤族が釧路にご栄転(笑)になり歓迎会も兼ね …

冗長な文書の撃退法

お客さんからITシステムの提案書に書かれている内容が苦手分野なので 理解できない …

成功へのフォロー

土曜日はK-Biz(クシロビジネス)経営相談日でした。静岡県富士市のカリスマコン …

あいてて良かった・・・

今週は長期出張で札幌から三重県に入り、明日までこちらに滞在して釧路に戻ります。( …

知ってました?

先日、取材を受けて自分の記事を地元の釧路新聞に掲載して戴きました。インタビューを …

PAGE TOP