売上アップアドバイザー シーサー君

*

2%と簡単に言うけれど・・・

   

最近、クレジットカード明細を見て気付くのがサブスクリプション型(定期課金)の引き去りが増えてきたことです。
ウィルス対策ソフトやDropboxなどは結構前からそのスタイルだったのですが、マイクロソフトのパワポなど以前は単体で売っていたソフトやアプリが皆このスタイルになっている。

売る側の立場からするとこのサブスクモデルは一度購入すると定期的にしかもそのソフトウェアを使う限り延々と収入になるので単体売り切りより相当稼げるモデルだと思います。
それもあって今やソフトウェア業界ではサブスクモデルが標準スタイルになったようです。

使う側からすると、もう使わなくなったパソコンで契約したウィルスソフトなども請求に混じっていたりしているので気をつけないと余計なお金を支払うことになります。

10月から消費税が8%→10%に上がりますね。
ものを買うたびに2%余計に税金を支払うことになる。こちらは定率ですがこれも見方を変えれば政府によるサブスクモデルみたいなものです。
仮に年間500万円の支出としたらその2%、年10万円余計にお金がでていくことになる。しかも今年1年とかの話でなく、消費税が今後上がることはあっても下がることはあり得ないことを考えると、生きている限り延々と課金されるのです。
10年で100万円、20年で200万円・・・・。

家計はもちろんですが会社でも同じこと。
当然消費税は固定費に組み入れられて会社支出の全てに課金される。
釧路地域の人口はここ5年の推移を見ると、毎年△1.2%の率で確実に減っています。地元顧客を対象とした商売の多くはこれがそのまま客数の減少となり、売上の減少となる。
固定費はサブスク課金の固まりで上がることはあっても下がることはない。
一方、売上は人口オーナスが原因で毎年確実に前年比△1.2%ずつ下がっていく。

これが地域中小企業の基本構図です。
この状態から支出の2%増しですから中小企業側からみたら「勘弁してよ!」と言いたくなります。

既存のお客さんを相手に既存の商売のやり方では年々これまでの商売が成り立つ余地がなくなっている。
力強くマーケティングエンジンを回し続ける会社しか生き残れないのではないかと思う今日この頃です。

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

1年の計は正月にあり

1年の計は元旦にありって先人の教えなんでしょうが、元旦といっても酒は飲まなきゃい …

やばい記事見つけた

昨日の日経新聞にさらっと書いていたけど、おっ、これは重要!という記事を見つけまし …

文書がうまく書けな~いとお悩みの方へ

この時期のせいか、補助金の申請に使う文書を扱う時間がやたら多くなっています。今や …

一見チャラ男、実は堅牢

今日は北見市の土田ボデー工業さんにお邪魔して新製品のマーケティングの打合せ。 こ …

卯ではありません

卯ではありません。犬のボブです。 僕の主人の久保ススム。釧路市でデザイナーやって …

no image
コロナ資金対策(4/27版)④~コロナ明けの仕込みのために

施策最新メニューはこちら ■生産性革命推進事業 補助金に関しては、新型コロナウィ …

全員がPOPマスターになった日

今日は、すごはん・まっす~こと増澤美沙緒さんのPOPせミナーを受けることが出来ま …

必見!販促物上達法

昨日の記事で野に咲く花を例に、自己の存在を敢えてアピールして初めて種の保存は成さ …

商店街とエクスマと紙芝居

昨日は釧路市新橋商店街振興組合主催の販促セミナーでした。全3回シリーズで初回は2 …

こんな時に声かけてね~

今、僕の名刺には中小企業診断士の他にもう一つ資格名を書いています。ITコーディネ …

PAGE TOP