売上アップアドバイザー シーサー君

*

仏の顔も三度まで

   

先週木曜日早朝の地震以来、停電ブラックアウトと水が使えない状態となり、テレビ復旧後は震源地の惨状を見るにつけ、北海道は非常事態な空気で満たされ、何かと落ち着かない日々でした。
時間の経過と共にインフラの復旧は進み、震源地に近い一部地域を除きようやく日常モードに戻りつつあるようです。

ということで日常モードのブログ投稿です。

———————————————————–
なるべくなら地元の親しい人からモノを買おう。僕は基本的にはそんなことを日頃思っています。多分、多くの人が同じような志向を持って日々生活しているのではないかと思っています。

でも、もし商品のレベルや価格に大きな差があったらどうだろう?
多分、最初にそんなことがあったら、まだ親しいからという理由で購入するかもしれません。でも二度、三度と続くと、多分鞍替えすると思います。
そうなのです。親しい人からモノを買いたいというのは、あくまでも他の条件が同じだったらという但し書きが付くのです。

何故なら、顧客はどこで買おうと自由だからです。消費者は気ままで自由なのです。それなのに売る側は、一度買ってくれたお客さんはまた買ってくれる、お得意さんは絶対うちをひいきにしてくれる、安パイだと思い込んでしまうのです。

実は結構、親しい人からモノ買って、その後おや?って思ったことあります。こんな商売していていいの?って。
別に厳しい目で見ているわけでもなんでもなく、普通の感覚でそんなサービスレベルや商品レベルはないだろうってことが結構あります。
そんなものなのです。多分、自分も時にそんなことをやらかして気付かないだけなのです。
でも、本当はそれじゃダメなんだよね。慣れって恐ろしいものです。長年の慣れ、年を取ることによって気付かなくなることも沢山あります。

地元だから許してくれる?それはない。それは甘え以外の何物でもないし、地元だからなんて甘えは迷惑以外の何物でもない。顧客の期待するレベルに遥かに及ばなければ、地元もクソもないのです。そこは常に攻めて質を追及していかなければ、どんどんダメになっていくと思います。

地元ブランドだから優遇されることなんて今時ない。
友達だから、顔見知りだから、選んでもらえるはず。そんなことを商売する側が考えたら終わりだと思う。その前に自分の商品・サービスが選ばれるだけの理由がないと結局は商売を続けられない。

過去のブランドにあぐらをかいて不正な見積の上乗せが常態化していた某運送会社が今メディアのやり玉にあがり、社会的制裁を受けています。
これまで選ばれていたから、明日も選ばれる。そのおごりが起こした事件ではないかと思います。

外から入ってくる業者に顧客が流れるのは、大手だから、全国チェーンだから、ではなく、基本的に自分の会社より買う理由が明確にあるからなのです。
地元だからという前に、買う理由、魅力があるかどうかを点検した方が良い。
レベルの低さを放置していては選ばれないの当たり前。

仏の顔も三度まで。
自戒の念を込めて。

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

考えてばかりいると日が暮れちゃうよ

毎月取っている雑誌にハーバードビジネスレビューがあります。海外の論文直訳で結構難 …

あなたのビジネスモデル大丈夫?

先日、中小企業家同友会の企業見学に行く機会がありました。 工場を見学後、社長が会 …

知床-沖縄イノベーション

昨日は知床半島の付け根に位置する標津町の篠田興業さんにお邪魔しました。 社長の篠 …

売った瞬間がスタート

「全ては買った後から始まる」ってタイトルで一昨日の中標津のゲストセミナーはお話し …

名刺できっかけづくり

先日、僕の名刺を見て「乗山さん、字が小さすぎて見えないよ」と言われました。僕もそ …

仕事収めです

僕は今日で仕事収めです。日中仕事を終えた後、毎年恒例の会計事務所主催の仲間内の忘 …

気付かれてますか?

年度末と消費税値上げが迫って来て、色んなところで受発注でテンヤワンヤになっている …

無意味と言われればそれまでですが

最近、朝走っているのをSNSに投稿しているのですが、これが自分の一日のリズムを作 …

「壮大なる失敗」は一夜にして変わる

昨日は、企業再生の連絡会議に出席、関係機関や金融機関、専門家らが集まりました。正 …

ROCKに焦れて

僕がこれまで生きてきてある時期最も夢中に好きだったもの・・・・それはROCKです …

PAGE TOP