売上アップアドバイザー シーサー君

*

4つのやつ再び

   

先日、ある経営者と話していて「以前に乗さんに教えてもらった4つのやつを定期的に見直して、事業転換を図ったら事業が好調でね」とのこと。
はて?4つのやつって何だろう・・。
と思ったらどうやらSWOT分析のようなのです。

僕は最近はSWOT分析ってご無沙汰していてちょっと懐かしく感じたのですが、もしかして今だからこそこのツールの必要性が増しているかもしれないと思いました。

SWOT分析は現状分析のツールで今の自社の置かれている経営状況を4つの領域に分けて表していく。
1.内部環境
  S:Strength(強み)
  W:Weakness(弱み)
2.外部環境
  O:Opportunity(機会)
  T:Threat(脅威)
の頭文字をとってSWOTなのです。

内部環境は自社の経営資源(能力)の強い部分と弱い部分、例えば資金力や技術力、人材とか社内コミュニケーションなど・・・
外部環境は自社の力の及ばない外部の経営環境で飛躍のチャンスになりそうなこと、逆に足を引っ張るような嫌なこと、例えば最近のAI化、ロボット化やSNS社会とか、或いは高齢化、雇用環境が悪い、資材の高騰など・・・・

この4つの領域で挙げられるだけ挙げてみるのです。
それでまずは今の置かれている状況の認識からスタートしようということです。

問題はこのSWOTをどう生かすかなのだと思います。
もし、SWOTの結果を見て、こんなの分かっていることで今更現状ですなんて言われても使いようがないさ・・
と言ってしまうと、本当は分かっていない人なのかもしれません。

多分、冒頭に紹介した社長はこのSWOTで危機感を感じて今の延長線上に未来はないと早々と「見えた」のだと思います。
そこからターゲットを変えた新規事業にダイナミックに集中して事業を成功させたのです。

恐らくですが、変化を変化と感じてチャンスを見出すような基本的な態度やセンスが問われているのではないか?
昨日のブログで書きましたが、変化の情報と接しても無意識に変化にバイアスを掛けて心の中で否定していないか?
そして今日と同じ明日が来ると内心思っていないか?

SWOT分析を手垢のついた古いツールのように言う人も多いのですが、それは違うのではないだろうか?
本当の変化を素直に察知できない保守的な自分はいないだろうか?

自戒を込めて書きますが、是非SWOTを真っ新な気持ちで今一度作ってみることをお勧めします。

【お知らせ】
**************************************
当社主催セミナーのお知らせです。
5月29日「「家業から企業への事業計画作成セミナー」のご案内
職業柄、事業計画の作成を企業から依頼されることが多いのですが、それだけ自力で事業計画を作れる経営者が少ないということです。
しかし、事業計画を自力で作れるようになると内外の見る目がガラリと変わると多くの社長さんが口にします。
自力の事業計画創りはまさに家業から企業へ一歩を踏み出した印、この機会にぜひ修得しましょう。
詳細とお申込みはこちらから

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

セコマ経営の真髄①道内物流とバルク港

セイコーマート丸谷智保社長によると北海道の強みをこれから伸ばすには物流の問題を解 …

羊と鋼の森

このお盆休みに一冊本を読み終えました。 「羊と鋼の森」宮下奈都著、2016年の本 …

ブログがマーケティングの本丸な理由~その1

マーケティングセミナーではブログのことを話す時に「現代のマーケティングの本丸はブ …

ジャズな気分

今年はジャズな気分です。 というか、ジャズをやる気分です。 先日、人前でホラを吹 …

ストレスが楽しいに変わった

「年賀状何枚買っておく?」朝、カミさんから聞かれました。 ああ、そろそろ準備しな …

三方よし

週末、バンドの練習を終えて友人と飲みに出ました。 まず居酒屋で腹ごしらえをしなが …

やっぱり顔は大事

先週の首都圏長期出張の間、随分色々な人に会いました。たくさんの人に会うと貯まるの …

お客さん「を」選ぶ時代です

昨日は「SNSの必要性と活用法を2時間かっ飛ばしますセミナー!!」のゲスト講師と …

財務講座を終えました

6回にわたり北海道新聞販売店若手経営者向けの財務セミナーをやってきました。 最終 …

昭和は遠くなりにけり

「シャボン玉 ラ・ラララ・ララララ~♪」 高度成長時代真っ盛り、日曜日の夕方はシ …

PAGE TOP