売上アップアドバイザー シーサー君

*

家業 or 企業

   

経営コンサルタントとして独立して18年が経ちました。
それまで情報処理会社の営業職、SE職、運送会社の事務職、さらにその前はレンタルレコードFCの店長など複数の業務を経験し、さらに中小企業診断士資格も取得し、経営コンサルタントとしてある程度やれるという意気込みを持ってこの世界に足を踏み入れたことを覚えています。

しかし、そんな根拠のない自信は独立して間もなく粉砕されることになりました。
その最大の要因は何だったのか?

それは想定した顧客イメージのギャップでした。
少なくとも自分がこれまでいた企業は中小企業とはいえ、事業計画は立てていたし、経営会議も毎月やっていたし、そこにはマネジメントといったものは確実に存在していた。中小企業であれば、それは当たり前だと思っていました。

今から思うとそれだけ世の中知らなかったということなのですが、地元のお会いするどの会社もマネジメントも無ければ、マーケティング?何それ?といった感じで、自分が常識だと思っていた中小企業のイメージからは大きく乖離していたのです。

要は企業というよりは家業の会社が圧倒的に多かったのです。
それは恐らく今でも変わっていないし、家業のままで良いという会社は家業の良さを追求していけばよいと今では思っています。

ただ今より成長したいと志向したり、経営力を向上したいと考える経営者であれば家業から企業化をめざすべきではないかと思っています。

別に家業の定義が公的にあるわけではないのですが、家業と企業の違いはどこにあるのかを考えてみたいと思います。

家業と企業の違いに、規模の大小や家族労働か否かというのは関係ないと思っています。

家業になくて企業にはあるもの、それは「マネジメント」です。
Plan(計画)-Do(実行)-Check(評価)-Action(改善)の仕組みがあり、実際に回っているかどうかに尽きるのです。

当然、このサイクルの中に事業計画(事業シナリオ)の作成があったり、経営会議や社内ミーティング等のコミュニケーションの仕組みが入っていたり、社員の教育訓練が織り込まれていたりするのです。

マネジメントの仕組みが機能していなければ、行き当たりばったり、成り行きまかせに成りがち。個人事業や少人数の組織であればそれでも十分回るかもしれませんが、組織が大きくなってもマネジメントのマの字もない会社も多いのです。

これまでのコンサルティングでマネジメントの仕組みを導入した会社は、今では経営者自ら事業計画を作成し、金融機関はじめ内外の関係者へ事業の見通しや計画を語り、年間を通じてマネジメントを回し、今も成長している会社が多い。

家業と企業、マネジメントが存在するか否か、その違いは大きい。
マネジメントの有無がその後の企業力と成長に大きな差を生むのは至極当然のことだと思います。

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

社名に夢を乗せて

先日、創業する方に「ところで会社名は何にするのですか?」とお聞きすると、「中々良 …

幸せのおすそ分け

昨晩は残間巌君の結婚記念パーティーが市内フォグタウンビルのライブハウスでありまし …

悪い事はできない

一昨日の朝、国際電話で「ロスの高橋です」と突然の電話。もう40年以上も会っていな …

フローとストックに分けてみよう

うかうかしている内にネットでの集客は欠かせないどころか主流になってしまった感のあ …

変人オリンピック開催中

一昨日の日本一のサッカー馬鹿、美容師であり、マーケティングコンサルタントでもある …

生き残る組織のたった一つの条件

コンサルティングの世界で最も有名で誰もが今でも使っている現状分析ツールとしてSW …

ブラックボックスの舞台裏

今や企業の最大の悩みとなった「人が採れない」問題。 この難題に福音をもらたすのが …

営業はハズレ?

このシルバーウィークを利用して本州から遊びに来ていた大学生4年生の甥にこれからの …

どこに行ってもなんくるないさ~

やっぱり沖縄って面白いところです。現地の人が何も感じず普通にやっている行動が、絶 …

良い文学は人生を楽しくする

昨日は読書会でした。 今は2ヶ月に1回のスケジュールで、僕が参加してから17年、 …

PAGE TOP