売上アップアドバイザー シーサー君

*

いのちをつなぐ

      2016/04/29

釧路の未来を考える会でゴッドハンド(神の手)、現代のブラック

ジャックと呼ばれる北大の藤堂省教授に「生命の贈り物~北海道医

療の現状とこれから」という題名で講演をしていただきました。

藤堂先生は米国に渡りピッツバーグ大学で年間500例以上の臓器

移植を続けて米国の永住権も取っていました。

そんな中で日本では臓器移植ができないため、米国に渡り手術を受

ける日本人を目の前に見てきて、日本人に生まれたがために助かる

命も助からない人が多くいることをとても大きな問題だと考えてい

ました。

日本に戻ろうというきっかけになったある出来事がありました。

95年に阪神淡路大震災の惨状を米国のテレビで見て、大きな驚き

を覚えたといいます。

それは惨状の中で日本人の秩序正しい行動、助け合いの中に若者が

どんどん入って行く姿です。

89年のロス大地震では韓国ストアが焼き討ちと略奪にあい内乱

状態になったのを見ていたので、あまりの違いに衝撃を覚えたそう

です。

その映像がこの国に命をつなく移植医療を根付かせようと決心させ

ました。

95年に帰国後、北海道大学を足場に活動をしてきました。

海外では当たり前の移植医療が日本ではまだまだ行なわれていない

のが実情です。

移植手術の待機患者に対し臓器提供者が圧倒的に少ないのが現状で

現状では宝くじにあたる程度しか行なわれ居らず、そのため多くの

命が待機している中で失われているのです。

臓器提供は意思表示カードで生きている時に登録するのです。

事故や病気などで脳死になった時、人口呼吸器などで脳幹より下の

臓器はまだ生きていますが、脳がドロドロになっていて二度と回復

する事はない。そのタイミングで移植を行なうのです。

普及が進まないのは臓器提供する我々が問題の所在や移植医療の

正しい知識を知らない事、医療側の移植医療に対する消極的な態度

などが影響しています。

脳死(脳がドロドロになり生き返る可能性はゼロ)に関しても植物

人間(脳の形態は保っており生き返る可能性がある)との混同など

正しい理解が進んでいません。

藤堂先生は医療界の坂本竜馬だと思います。

懇親会でも飾らないお人柄と毎朝6時に登院し人材育成に当たって

きた情熱に個人的にもすっかりファンになりました。

僕らの地域から、この命をつなぐ移植医療の輪を広げていけたらと

思います。

またやる事増えちゃったな~。

↓↓ 応援のクリックもよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - その他, まちづくり, シーサー君ブログ, 最新NEWS

  関連記事

シーサー君の財務セミナー

最近のブログを読み返すとテーマが毎日カメレオンのように変わっていますが今日もちょ …

ゾウさんのエサ代

一昨日、釧路公立大の地域経済研究センターに新たに着任した佐野修久氏の講演とワーク …

花も嵐も踏み越えて

昨日はこれから創業したいという方のご相談が2件。 事業計画も作って準備ばっちりと …

安売りしないでドンドコ集客

あなたの会社の売りは何ですか?あなたの会社の魅力は何ですか?と聞かれて、「他社と …

贈り物を何にしようか困っている方へ

先日、とあるカラオケ大会で女装する機会がありました。AKB48の「恋するフォーチ …

何故歴史から学べないのか?

NHKの大河ドラマ「平清盛」を毎週みています。 公家社会から武家社会への大変化の …

セールじゃなくても行きたいんだ

多分、僕のところにも1年間の中で商売上のDMやハガキって結構な数届いています。な …

導入事例を分かりやすく見せる

K-BIZ経営相談室から日本一行列のできる相談所長小出宗昭氏の 皆が役立つビジネ …

靴は泣いている

最近、明らかに体重が増えていて体調も今一。このままじゃ病気になっちゃいそうなので …

言い訳してんじゃねぇ!

昨日のブログで買って読まない本がどんどん貯まるつん読の山を何とか攻略しないとと書 …

PAGE TOP