売上アップアドバイザー シーサー君

*

泳がざる者商いするべからず

   

仕事柄、地方の商店街のお店対象のセミナーや相談を受けることが多いです。
どの街も商店街はいわゆる疲弊していて、後継者の居ない店は自分の代で終わりという場合も多く、近隣の大型店に客を奪われて苦しいと言います。
これまで相談を受けた話も、判で押したように同じ構図です。
%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-49
この状況で自分の店をやっていくのは無理だと言うのなら、それは商売やめた方が良いのです。
でも、その客を奪ったという大型店だって、実は皆苦しんでいる。
もう郊外の大型店なんて過去のビジネスモデルになっているのです。
何故なら、想定していた家族客が激減しておひとり様世帯が多数派になって、客数がどんどん落ちている。
イオンだって苦しいし、ヨーカドーなんてセブンイレブンの収益で何とか食っているのです。
そのコンビニだって飽和状態で閉店が相次ぐ。

だから、楽な商売している会社なんてないってことなのです。
一見、業績が良く見える社長さんだって、僕が知っている人は皆、つぶれないようにハンパない努力をしているし、常に動いていないとあっという間にダメになると言います。

今の日本人は都市でも田舎でも、欲しいモノがない低欲望社会。
だからモノは良いのは当たり前、買う理由はヒトつながりに完全に移行している。

良いモノを提供して、SNSで発信する、ヒトつながりで良いお客さんとじわじわつながっていく。
それを本気で現実にやるか、やらないかの違いしかない。
楽に売上が上がる便利な装置などないし、SNSに主戦場が移っているだけで、本質的にやることや努力は何一つ変わらない。

マグロは泳ぎを止めると死ぬそうです。
商売をやる人は、泳ぎ始める、そして泳ぎ続ける、それだけだと思います。
泳ぎもしないで、状況を嘆いていても何一つ変わらないどころか、どんどん悪化するだけ。

泳げば泳ぐほどやることが見えてくる。
泳がざる者、商いするべからず
ってところかな。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

今日は何の日?

今朝はいつものランニングを終えてSNSに投稿したらコメントが。 「今日は三線の日 …

今年の描き初め~二足歩行

今年の書き初めならぬ描き初めです。 今年のお題は「二足歩行」にしました。 何事も …

そして伝説となった

毎日ジョギングネタで申し訳ないのですが、僕のジョギングコースに釧路での老舗ジャズ …

10年後にあなたの仕事がなくなるもう一つの理由

最近10年後に無くなる職業という記事をネットで良く見かけます。 確かに、最近のデ …

関係性の底にあるもの

2年位前の話ですが、ご相談の中で保険関係の方がいらして、いかに客数を増やすか意見 …

人づくりと発信力

昨年位から僕の周りでもチラホラと話題になり始め、ここにきて一気に顕在化し出した日 …

群盲象を評す

昨日、ここ数年新規事業で住宅の性能評価、診断を手がけている会社での経営会議での話 …

つながりマップを創ろう

繁盛店の必ずやっていることはお得意さん集客である、ということはこれまで何度か書い …

ご存知ですか?知財って

昨日はかなり久々なんですが釧路工業技術センターに行ってきました。 要件は商標につ …

お客さん「を」選ぶ時代です

昨日は「SNSの必要性と活用法を2時間かっ飛ばしますセミナー!!」のゲスト講師と …

PAGE TOP