売上アップアドバイザー シーサー君

*

集客をシステムとして見る

   

最近、あまり使ってない脳みそですが、僕が経営コンサルタントとして独立する前はコンピューター屋に勤めて営業、その前はシステムエンジニアとして情報システムの設計とプログラミングをしていました。
事務計算のシステムを組んでいたんですが、僕が昔設計した経理や給与計算、販売管理などのシステムが今でも動いていると、先日前職の会社の後輩が言ってました。
新規ドキュメント 22
どんな目に見えないことも、システムとして形に表現してみるとモノが考えやすくなるものです。
例えば、今の僕の仕事のテーマである「集客」をシステムとして考えてみましょう。

そもそも、人はどうしたら、数多あるお店の中からうちの会社を選んできてくれるのでしょうか?

大声でウチの商品を買ってください!とただ叫んでも、あまり効果があるとは思えません(笑)。
実は、ウチの商品やウチの店に興味を持ってくれる人は、極めて限られているのです。
例えばウチがペットフードを売りたいとしたら、欲しいのはペットの飼い主以外に有り得ない、ペットを飼っていない人にいくら呼びかけても無駄ですよね。
これは、あらゆる会社、商品に共通の原理なのです。

ですから集客システムの最初に考えることは
1.ウチの商品を好きになってくれそうな人(ターゲット)を絞ることです。

さらに、絞ったターゲットに訴求するための
2.強みを特定して言葉で表現する

そして
3.ターゲットがいつも接していそうなメディア(例えばチラシとフェイスブックとか)を選んで提案(発信)する

たまたまその提案を目にして
4.顧客が来店する

5.POPやリアル営業で顧客に気に入ってもらい購買してもらう

6.さらに来店してくれるように顧客に寄り添いながら定期的にメディアを選んで情報発信する

7.お得意様がさらに新しいお客さんを連れて来たり口コミで来店を促してくれる
4へ、それ以外は1から再スタート

って感じのシステムをグルグル回すのです。

システムの流れを一度書いてみると、さらにやるべきことのの具体的なアイデアが色々浮かんでくると思います。

このシステムを見て分かるのは、能動的に売る側が発信しないとシステムは回らないということですね。

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

ソーシャルが国を変える

昨日テレビを見ていたら佐賀県の武雄市役所がフェイスブックを使って行政の仕事の評価 …

わかりませんでは済みません

セミナーやコンサルティングをやっていて、フェイスブックやブログをやっていますか? …

経営理念について

仕事柄、会社にお邪魔して社長室で経営者の方とお話することが多いのですが、「経営理 …

全てを変える必要なんてない、基本あなたは正しい

昨日の販促塾は必ず反応が上がる紙メディアがテーマでした。 例えばチラシや広告を一 …

焦っちゃダメ、その気になったら思い切りね!

独立する前まで、コンピューターシステムの営業やってました。当時、一番売りたかった …

これは早くなる!

昨日は恒例の読書会。 釧路高専の小田島教授を囲んで隔月で日本文学をテーマに開催し …

己は何者であるか

一昨日、昨日とエクスマ塾79期の合宿を紅葉の阿寒湖温泉鶴雅ウィングスでサポートし …

お膳立ては要らない

昨日の記事で販促を何もやっていない会社こそ考えようによっては向上の可能性は大きい …

晴れた日に傘を貸し、雨になったら傘を取り上げるものって何~だ?

表題のクイズ、分かります?一番最後まで読むと答えが分かるようになっています(笑) …

仕事収めです

僕は今日で仕事収めです。日中仕事を終えた後、毎年恒例の会計事務所主催の仲間内の忘 …

PAGE TOP