売上アップアドバイザー シーサー君

*

0→1ビジネスモデル見直し

   

自社のターゲットは万人ではなく、自社を支持しれくれるお客さんは極めて限られている。
であれば自社を支持してくれそうなターゲットに絞ってメッセージを発する「足長おじさんマーケティング」をしよう、といったことをコンサルティングとセミナーの場でお話しています。
新規ドキュメント 11_1
こんな質問がありました。
「確かに足長おじさんのような優良顧客は一定数居るし、そうしたいのはやまやまなのですが、これまで安売りクーポンなどで集客した価格志向の顧客層も多いんです。つまりターゲットが2つに大きく分かれるんですが、どうしたら良いのか悩む所です」

実はこれと全く同じパターンの会社はとても多い。
顧客は、お店側の発信通りに集まってくるのです。
価格に反応してくる顧客は、価格を上げた途端に来なくなる。

ビジネスモデルの選択を迫られているということです。
安売り戦略を取り、価格競争の中で低収益体質のままでいるか、足長おじさんマーケティングに全ての動きをシフトするか。
どこかの時点でビジネスモデルを切り替えない限り、低収益体質からは抜け出せないのです。

この切り替えは口で言うのは簡単ですが、第二創業といっても良い位、勇気も居るし、資金繰りも厳しい、時間もかかる、リスクとストレスを伴う、ある意味では創業時を上回る困難を伴うものです。
まさに0から1を生み出す苦しみを味わうでしょう。

でも、この0から1を生み出した企業だけが、次の時代の生存権を獲得できる。
ビジネスモデルは時間の経過と共に必ず古びて使い物にならなくなる。
経営者の一番の大仕事は、0から1に移行する決断と行動が出来るかどうかじゃないかと思います。

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

あの人は今・・・

アベノミクスの3本の矢の一つ機動的な財政政策として3月末位から補助金が沢山出てき …

お客さんの立場で見ると・・

普段と違う土地に行って、最近だと何が一番気がかりかというとスマホの通話やWI-F …

販路拡大への取組み支援施策

今月の中小企業基盤整備機構釧路オフィス相談。 1件はキャクタービジネスに関するも …

政治もSNSで決まる

昨日は、衆議院選挙、僕も清き1票を投じて参りました。政権与党の大勝という結果にな …

キャラは立った方が良い

SNS通じて友達になっている人と初対面で会うと、「今日は三線持っていないんですね …

POPは売上アップの原点

先日の松野恵介さんの講演の中でPOPの重要性をさかんに強調されていました。日頃、 …

機会損失を考えたら・・

昨日はWEBサイトのご相談。毎月の企画や季節ごとの商品情報をどんどん更新したい。 …

風景じゃなくヒトね

昨日のセミナーでもフェイスブックのお話をしました。 先日書いた記事「後ろ姿のアン …

あなた片肺飛行ですよ!

昨日の記事「SNSに定番なし」で書いた通り、SNSの変化とそれと共にマーケティン …

聴覚に多大に影響を与えたアルバムのカバー_7枚目

時には一人で酒を飲みたい時ってありませんか? 僕がそんな風に思う時は、必ずつらい …

PAGE TOP