売上アップアドバイザー シーサー君

*

危機はチャンス

      2016/04/29

日本では多くの中小企業がここ10年位毎年少しずつ売上を減らしてきました。

この緩やかな変化に中々対応できないのが人間であり、組織なのかもしれません。

ゆで蛙のお話はご存知でしょうか?

熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねる。

ところが常温の水にいれ、徐々に熱していくとその水温に慣れていく。そして

熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び上がることができずにゆ

で上がってしまう。

100ある売上も毎年5%ずつ下がっていったら10年後には60になってしまう。

毎年5%下がっても、まだまだなんとかなると考えて大きな手を打たない。

結果10年が経ち、ゆで蛙よろしくもはや手のうちようがないというのが倒産企業の典型。

もしこれが急激に大きな危機が訪れ、このままでは今年一気に60になってしまう。

今のままでは会社の維持存続はできない、としたらどうでしょうか?

大きな危機が目の前に見えると人間の集団は一致結束して目の色をかえて危機

に立ち向かう。

今回の震災。

大きな危機がすぐ後ろに見える分、むしろ日本の中小企業にとってゆで蛙から

脱却できる大チャンスではないでしょうか?

多くの中小企業が覚醒の時を迎えようとしている。

私たちは大変化の真っ只中にいる。

そんな風に思う今日この頃。

↓↓ 応援のクリックもよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, 最新NEWS, 経営 ,

  関連記事

暑中お見舞い申し上げます

「暑中お見舞い申し上げます」のお便りがとどく季節ですが、正直昔からピンときません …

強さを身につけるしかない

昨日のブログを書いていて今更ながら地域経済の経営環境の酷さを思い知りました。失わ …

経営理念について

仕事柄、会社にお邪魔して社長室で経営者の方とお話することが多いのですが、「経営理 …

チャンプルーで行くさ~

「沖縄ナイトin釧路」の余韻さめやらずです。 でも沖縄ナイトと言いながら肝心の沖 …

人は役回りを見事に演ずるものなのだ

昨日は地元の鍼灸院「杏園堂」さんの杏園堂まつりの野外イベントでシーサー君三線で出 …

続ビジネスモデルのお話

ビジネスモデルのお話の続きです。 1.価格決定権を自社に取り戻す ビジネスモデル …

往く夏を惜しんで2

心配された天気も過ぎてみれば雨は一滴も降らず気温も高め。 北大通のわっと生誕祭で …

日本と日本人の10大問題

4月29日の14時から朝日新聞編集委員の星浩さんを招いて講演とシンポジウムを釧路 …

わかってくれているはずが全てを台なしに

「お客さんは自分のことを分かってくれているはず」、中小企業の経営者は放っておくと …

丸投げしている場合じゃない

僕がコンサルタントになる前の前職はコンピューターのハードとソフトを売るサラリーマ …

PAGE TOP