売上アップアドバイザー シーサー君

*

時代は変わる

      2016/04/04

昨日の記事で、新聞は僕にとって主軸となる情報なのでやっぱり必要と書きました。でも、誤解しないで欲しいのは紙の新聞ということではありません。今回、新聞のことを考えてみて、はっきり見えた部分がありました。それは、紙としての新聞は将来無くなるか、相当に規模を縮小せざるを得ないということです。

例えば日経新聞を例にとると、国内でも一番ネット対応が進んでいて、紙以外に日経電子版ではパソコン、i-Pad、スマホにそれぞれ対応したインターフェイスを開発しています。僕の場合、実は紙で読むよりむしろ電子端末で読む方が多いのです。だから、紙はあった方が良いのですが、別になくとも構わないというのが僕のスタンス。毎日、網羅的に多くの内容の濃い記事を編集して発信しているコンテンツとしての新聞は必要だけど、紙じゃなくても良いということです。情報メディアの内、紙メディアを選ぶかネットメディアを選ぶかは世代によって大きく分かれています。現時点だと60代以上でネットメディアを好む人は極めて少数、逆に世代が若くなればなるほどネットメディアの選択が多くなっていて、紙メディアの選択は少数派です。今、紙の新聞を読む習慣のない若者が年齢を重ねた後、ネットから紙メディアに移行するとは考えにくい。結局、世代構成がこれからどんどん変わると共に紙の新聞を読む購読者数は目に見て減っていく。後は、個々の新聞社の経営状況とやり方によって残るものと淘汰されるものが決まっていく。周辺産業である新聞販売店や新聞運送業なども、普通に考えれば今ある仕事をなくすことになると思います。現時点での購読者数や人口動態推計を追っていけば、これらの大激変が及ぼす効果の現れる時期は相当の確度で予測できるのではないでしょうか(多分、もう誰かがやっているとは思いますが)。

新聞大好きな僕だからこそ、こんな予測をしてしまうのかもしれませんが、時代が変わるのは避けられない。その中でどう生きるかを考えなければならないのだと思います。大変な時代だし、程度の差こそあれすべての業種が同じ変化に直面しているとも言えるのです。大隕石の衝突並みの変動が起きつつある、まさに今こそ進化論を地で行く時代なのかもしれません。それをかいくぐって生き延びた僕ら哺乳類の祖先のような変化への対応力が必要なのだと思います。この大激変期をもうダメだと思うか、今こそ将来に向けての大チャンス、そう捉えて行動するか、大きな分かれ目の時代ともいえるのだと思います。あなたはどちらでしょうか?

「一理あるかも・・・」という方は ↓ ↓
↓↓ クリックよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

売上アップのご相談したい方は声かけてくださいね。お申込みはこちらからできます。
(有料で1時間目途で1万円です。)

さらにこのブログを読んでいただいてる方に特別耳打ちしますけど(って、ホームページに載っているんですが(笑))、無料の相談日、次回は5/28(水)です。お申し込みください。こちらは時間枠が埋まった時点で締切ですのでお早めに。

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

うまく説明できない本当の理由

営業の方から「自分の商品をなかなかうまくお客さんに説明できなくて困っているのです …

つながりマップを創ろう

繁盛店の必ずやっていることはお得意さん集客である、ということはこれまで何度か書い …

「ググっ」を追いかけて

穏やかな正月です。 今年は昨年と同様に出会いと化学反応を求めて「旅」を続けるつも …

訂正します!

先日のセミナー後の懇親会で、セミナー中の話の中で間違いを指摘されました。 それは …

一人芝居

「ウチには人材が居なくて」、「ウチの会社の社員は皆能力がない」・・・経営コンサル …

未来を変える唯一の方法

昨日の記事で、ブラタモリの中で当時、斜陽都市と呼ばれていた小樽が観光都市として短 …

環境って変わるもんだ

日本最東端の街根室には流氷が来ています。 最東端という事は国境の街でもあるのです …

先輩の一言

最近、親が入院したり介護が始まったりと結構あたふたと大変な思いをしており、ちょっ …

ターゲットは特定の個人で良い

一昨日の松野恵介さんのセミナーで、POPやチラシなどの販促物でキャッチコピーの付 …

体験に勝るもの無し

今年は随分色々な土地に出かけた移動の多い年でした。北からいうと北海道内は別にして …

PAGE TOP