売上アップアドバイザー シーサー君

*

本当は海は青かった

      2016/04/04

既存の広告、印刷などのメディア産業は、もう10年以上右肩下がりで前年売上を割り続けて今に至っています。このような縮小市場は戦略論で言うとレッド・オーシャンの状態、価格競争でしのぎを削り個々の企業の利益がどんどん削られていく世界です。レッド・オーシャン、血の海とは良く言ったもので、まさに既存のメディア回りの産業の厳しい状況を言い表しています。

一方、この血の海、レッド・オーシャンと真逆の状態で語られるのがブルー・オーシャンと呼ばれる戦略。ブルー・オーシャン、青い海、なんだか素敵な響きですね。もし、市場に新しい価値を提供することが出来れば、競争なき世界、まさに青い海を自由に泳ぎ回り、ほとんどコストをかけることなく、先行者利益を手にして市場を占有する。新しい価値を提供できなければ、血の海(レッド・オーシャン)で延々と苦しみやがて弱いものから順番に淘汰される。まさに、ほとんどのメディア業界のプレーヤーがこの世界に居るのです。新しい価値を提供できない限り、この血の海から出ることはできない。じゃあメディア業界で言うこの「新しい価値」って何なんでしょうね?それは一言でいうと「反応の上がる販促物を作る力」なのです。例えば、既存メディア事業者の代表格である印刷屋さんを例に見てみると、既存の言われたことをそのまま印刷するだけの業務は年々激減しています。これはまさに血の海(レッド・オーシャン)で価格競争の世界になっている。じゃあ、チラシや広告などの販促物の市場はどうか?実は、こちらの市場もさっぱりです。はっきり言って、中小企業に関して言うと、販促物にお金を使っている企業なんてほとんどありません。なぜなら、やってもどうせだめだと思っているから。何故、そう思うのか?既存のメディア事業者が反応のある販促物をつくってこなかったからです。でも、まさにここにイノベーションが生まれるチャンスがある。「新しい価値」を提供する、つまり反応のあるメディアをつくる力のある事業者にとっては青い海(ブルーオーシャン)が拡がっているのです。

今、血の海に見えているものが、青い海にガラリと色を変える。ここに気付いて本気で行動する経営者のみが次の時代をつくり、気付けないものは血の海の中で苦しみ続け、やがて消えていく。ここに気付いた人、早い者勝ちだよ(笑)行動しましょ。

「一理あるかも・・・」という方は ↓ ↓
↓↓ クリックよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

売上アップのご相談したい方は声かけてくださいね。お申込みはこちらからできます。
(有料で1時間目途で1万円です。)

さらにこのブログを読んでいただいてる方に特別耳打ちしますけど(って、ホームページに載っているんですが(笑))、日程が合えば、無料の相談日、今月は4/23(水)もありますのでお申し込みください。こちらは時間枠が埋まった時点で締切ですのでお早めに。

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

「いいね!」ばかり押しているけど・・・

毎日、とにかく時間がない。何故なんだろう?とじっと手を見る・・・石川啄木じゃない …

エクスマウルトラエヴァ塾を終えて

4月から始まったエクスマウルトラエヴァ塾が今日で最終講になります。毎月1回、伊豆 …

デンサー節に聞き惚れて

釧路の三線人口って結構多い カフェHOBOで釧路の三線やっている唄者が集まって唄 …

回数に勝るものなし

一年中人と接していて、あれ?この人誰だったろうか?なんて会社の人だったかな?と思 …

街角の息吹が聞こえる

遅ればせながら、うちのカミさんが「釧路まちなかコンシェルジュくるる」から釧路の中 …

「 働けど働けどわが暮し楽にならざりぢっと手を見る」方へ

ビジネスモデルって良く聞く言葉ですよね。 最近だとスマートフォンを活用した配車サ …

見たくないのは分かるけど・・

昨日お客さんに「ウチの財務はどの程度なのか見て欲しいんだけど」と言われました。 …

聴覚に多大に影響を与えたアルバムのカバー_3枚目

このSNSチャレンジ、思いのほか楽しい。 もうただの自己満足で、私的に自分の過去 …

人柄や熱意って何だろう?

「ウチの会社は家族経営で営業が下手なんです。今は息子も一緒に家を創る仕事をしてく …

観光は水ものじゃない

昨日のブログで川湯温泉のことを書きました。この所観光に関して自分なりに思っている …

PAGE TOP