売上アップアドバイザー シーサー君

*

営業マンはぎこちなくても自分らしさを出しましょう

      2016/04/10

営業マンはまず自分という人間を売り込め・・・・昔から営業の世界では良く言われている言葉です。それからもう一つ、営業でお客さんと親しくなるために趣味の話から始めると良い。実は僕は独立する直前まで営業マンでした。IBMのコンピューター売ってました。でも、このいかにも営業マン叩き上げみたいなこれらの言葉が大嫌いでした。悪いことにとても懇意にしていた直属の上司は凄~く人柄は良かったんですが、ゴルフはシングル、スキーは一級の趣味に生きる人だったんです。お客さんの所に一緒に行っても永遠に趣味の話をしてばかりで一向に仕事の話に入らず、お客さんからあんた何しに来たんだと訝しげに見られて、コンピューターを1台も売らないような人だったので全部尻拭いをしていたという苦い経験もあり、益々仕事で趣味の話なんか出すなんてと苦々しい想いをしていたのです。

まあ、今振り返ると当時の僕は冒頭の言葉の本当の意味をわかって居なかったのだと思います。まだ、当時のコンピューターって性能がメーカーによってかなり差があって、IBMって言うと他社に比べて優れていた時代だったのです。だから商品の性能の差を訴えればかなり優位に商談を進めれた時代だったのかもしれません。ところが今の時代、商品の優位性によって商談に勝てるなんて商品がどれだけあるでしょうか?そんな商品は本当に希少で、そんな製品が出てもすぐ模倣されて追いつかれてしまう。いまやどの商品も均質化したのです。マーケティング用語ではこれを「コモデティ化」と言います。どの商品を買っても品質差もなければ価格差もない。そういう時代に完全になっているのです。こんな時代にお客さんが選ぶ観点は何か?「何を買うか?」ではない。「誰から買うか?」なのです。選ばれるためには、お客さんとの関係性の強さが決定的になっている。親しみのある「あの人」から買う。「あの人」が勧める商品は「あの人」が信用できるから買うのです。だから、営業マン主体のビジネスは特にお客さんとの関係性構築に全てを注ぎ込むくらいの勢いで正解。

今の時代だからこそ、趣味など自然に自分らしさを出して(無理したり、相手に合わせたり、わざとさしくなく)、自分らしさを自然に表現してみたら良いと思います。ぎこちない自分で良いのです。そこにあなたらしさがあるのです。

「なるほどねぇ・・・」という方は ↓ ↓
↓↓ クリックよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

エクスマは何故人を魅了してやまないのか?

一昨日は釧路プリンスホテルの講演、昨日は喫茶リリーでのエクスマセミナーと2日間、 …

お久しぶりです!

先日、飲んだ帰りのタクシーの中での出来事。車内に乗り込むとタクシーの運転手から「 …

敢えてイベントをやるわけ

昨日はRICOHソリューションフェアで講演しました。 リコー関係の事務機の販売店 …

世の中けしからん?

世の中の人は何故自分の素晴らしさに気付かないのだろう?そんな風に思ったことはあり …

もう充分楽しいのに・・

昨晩は釧路ロータリークラブの集まりがありました。 テーマは「楽しい例会とは?」と …

「読む」のも良いけど「聞く」のが いいね!

あれ?気付いたら今年もあと一週間で終わりじゃないですか。 今年も随分色々なことが …

枯れ木に花を咲かせましょう

一昨日、その前と連続してブログやFBで商品情報一本やりは止めて、背景情報を書くよ …

時には敢えて違う場所へ

昨日から東京に出てきてます。わざわざ出てきてますっていうほど大変でもなく、釧路空 …

情報は伝わるのではなく伝える

夜中に今日お話するセミナーの資料をつくっていて思ったことは「経営を突き詰めていく …

時には戦わないと

世の中3連休ですね。はて何の休みだろうと思うと体育の日だったんですね。以前は10 …

PAGE TOP