売上アップアドバイザー シーサー君

*

なめんなよ!

      2016/04/13

東京に出張に来て電車に乗ると、釧路のような田舎ではまずお目にかかれないシーンを見て絶句します。電車の入り口付近に人がたむろしていますが、僕の視界に入っている前方180度の人、皆スマホで画面をじっとみていじっています。その割合11人のうち9人。やっていないのは2人だけ、一人はかなり年配のおばさん(失礼)と坊主頭の中学生でそれ以外の人は全員ひたすらスマホをいじっている。かく言う僕もその一人だったので12人中10人に訂正します(笑)。
スマホで見ているのはそれぞれ違うアプリなのでしょうが、かなりの割合がフェイスブックやLINE、Twitterなどソーシャルメディアに時間を費やしているのは間違いない。別にこれ世界一の大都市東京ゆえの現象ではなく、田舎ではこういった混雑した電車に乗るシーン自体が無いので見えないだけで、ソーシャルメディアに当たり前に多くの時間を費やしている人が社会の多数派になっていてその割合がどんどん増殖している実態は日本全国変わらないのです。

毎日自筆の絵を書いてブログを更新していますが、ブログ更新にはやはりえらく時間がかかります。あんた仕事していないだろう!ってよく言われます(笑)。でもね、それは違うんです。何故ならブログ更新も仕事の一つだからです。それも現代では最も重要な仕事の一つと言ってもよいでしょう。フェイスブックでいいね!とかコメントつけたりって事に時間を費やしても同じ事言われると思います。でもこれだって丁寧にやっていけば結果的に仕事につながるのです。(ウソじゃありません、本当ですよ)。現在進行形でソーシャルメデイアを使った販促がこれからどんどん形を変えて世の中の主流になっていく。先日のブログで2年半くらい前FBを遣い始める人が爆発的に増えた時期を境に年表が変わった話を書きました。紀元前の紙メディア主流の時でさえ、販促にロクに時間をかけない会社がほとんで、当然売上も下がっていった。そういう意味ではアフター・ソーシャルメディアの時代でも行動を変えなければとことん置いていかれるだけだと思います。

ソーシャルメディアなめてると大変な事になると思います。これ商売はもちろんですが、選挙なんかも今回制度が変わりインターネットを使った選挙運動が解禁されています。僕が見るところ、既に相当差がついている。先行して情報を発信してきた候補者は相当有利、なぜならソーシャルメディアは関係性メディアなのです。関係性が出来上がるにはメディアで丁寧に発信する手間と時間がかかるのです。選挙前直前に取り組んでも時すでに遅し、絶対取り戻せない。取り組みは早ければ早い方が良い。これからどんな分野でもソーシャルメディアへの取り組みが死活問題になるでしょう。なめんなよ!ってことです。

「そうかもしれんなぁ・・・」という方は ↓ ↓
↓↓ クリックよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, マーケティング, 最新NEWS, 経営

  関連記事

シーサー君、おだてられ木に登る

徒然草という古典の現代語訳のこんな一節がSNSの記事の中で目に止まりました。 「 …

自分が人からどう見えるかを知りたい方へ

他人の姿は良く見えるけど、自分のことはさっぱり良く分からない。人生長く生きれば生 …

どっちが正しいのだろう?

今回、星浩さんに一番質問してみたい事がありました。 (星さんは朝日新聞の池上彰と …

お得意さんは安全パイじゃない

先日は釧路でも久々のまとまった雪で僕も雪かきに汗を流しました。大雪が降ると雪かき …

審査機関の処方箋

ISOってご存知ですか?標準化の国際認証機関でISO9001は品質、ISO140 …

化学反応ぶりが見たい

昨晩は旭川工業教諭のジョブこと岩岡勝人さんを囲んでの懇親会。この人なにを隠そう教 …

本音で俺流に惹かれる

一昨日の記事でブログの専門性について書きました。 その専門性に興味を持ってブログ …

ブログの読者は全員が足ながおじさん

昨日の記事で、自分の会社を支持してくれるいわゆる足ながおじさんは限られた人達で、 …

10年たちました・・・

昨日は日帰りで北海道ITコーディネーター協議会の定時総会へ札幌に出かけました。 …

経費は裏切らない

多くの会社が年度末決算を迎えようとしています。 決算の作業は確かに手間のかかる作 …

PAGE TOP