売上アップアドバイザー シーサー君

*

インターネット時代の著作権

      2016/04/29

中小企業家同友会釧路支部のマルチメディア研究会総会の中で会長の斉藤和芳さんがインターネット時代の著作権について講演しました。

著作権とは「自らの思想、感情を表現した創作物の利用を支配する目的とする権利」だそうですが、文学や音楽などが創作者本人の許可なく無断で転用、利用から保護するものと理解しています。

実は著作権って私乗山はとても拘わりが深くて、80年代の前半のレンタルレコード業に携わっていた頃、レコード業界及び著作権管理団体であるJASRACとレンタル業界の間で著作権を巡って激しくやり合い、頻繁に係争が起きていました。レコード会社が音楽ビジネスの旨みをたっぷり享受していた時代でレンタル業界に非常に大きな警戒心を抱いていたようです。係争が夕方のニュースに取り上げられ取材を受けたこともありました。

それから30年経ち世はインターネット時代。著作権そのもの本質は変わらないのですが、音楽はItuneでダウンロードする時代になり、YoutubeやUstreamなど動画サイトで誰でも動画や音源を聞くことが可能になりタワーレコードが倒産する時代になりました。

斉藤氏によると、JASRACはYoutubeやUstreamと包括契約を結び、YoutubeやUstreamに一括して使用料を支払い、JASRACが著作者にそれを分配する仕組みとなっているとの事。

実はYoutubeに古謝美佐子さんの「童神」を自分で唄ったのを投稿して、いつ訴えられかと密かにビクビクしていたのですが、それはないようです。

その代わり、youtubeに届出をしないといけないようです。届け出ないと、著作物を使ったという情報が伝わらず、JASRACが著作権者に使用料を分配できないからです。

現在、マルチメディア研究会は26人、今回の総会出席は14人でした。

出席率も良く和気藹々の会ですが、斉藤会長中心にずっと地道に例会を毎月続けています。釧路支部の中でも一番の会ではないかと思っています。

この日も末広のハシゴ酒となったのは言うまでもありません。

仲間にはいりませんか!!

↓↓ 応援のクリックよろしくお願いします

今日もマーケッター藤村正宏師のブログで勉強しよう!

The following two tabs change content below.
北海道釧路市の中小企業診断士&ITコーディネーター。エクスマ手法でお客さん企業の売上アップを日々指導。沖縄好きで三線唄者「シーサー君」としてピン芸人もやっています。「シーサー君ブログ」で手書き絵ブログを一日一絵一文を更新中!

 - シーサー君ブログ, 最新NEWS, 経営

  関連記事

音楽バンザイ!

昨晩は中小企業家同友会釧路支部の新年交礼会に向けてノイズクラブの練習でした。 今 …

名刺できっかけづくり

先日、僕の名刺を見て「乗山さん、字が小さすぎて見えないよ」と言われました。僕もそ …

もう紀元後だよ

昨日はYoutube等の動画をテーマにしたソーシャルメディアの勉強に上京しました …

「好き」を追いかけて

昨日の記事で、文章力を上げるには、毎日沢山の文章を書くことだと述べました。これは …

紙芝居だよ~

昨日は札幌で企業再生の会議。釧路と違い気温が高い、27℃くらいあり外を歩くと風が …

人づくりと発信力

昨年位から僕の周りでもチラホラと話題になり始め、ここにきて一気に顕在化し出した日 …

呼ぶ方もどうかしている

呼ぶ方もどうかしているという話もありますが(笑)、大阪のクリーニング店社長、壁下 …

閑話休題

やっと低温状態から脱して20℃を超えて平年状態に戻った釧路、結構快適です。 今日 …

もったいないな~

この地域は食べ物の製造業が多いのですが、一番多い悩みが良いもの美味しいものを作っ …

時代の尻尾が見えた

昨日は、この半年間勉強を重ねてきたソーシャルメディアリーダー養成塾の最終日で沖縄 …

PAGE TOP